募金のお願い

ヘッダリンク4.jpgヘッダリンク23.jpgヘッダリンク22.jpgヘッダリンク2.jpgヘッダリンク18.jpg2ヘッダリンク.png
1ヘッダリンク.pngヘッダリンク11.jpgヘッダリンク20.jpgヘッダリンク21.jpgヘッダリンク3.jpgヘッダリンク10.jpg


Miyagi Sendai / Fukushima Iwaki Plant food radioactivity measurement

募金のお願い横長.png募金のお願い横長.png


募金のお願い.png



DSC_3287.jpg 私たち「仙台・いわき食品放射能計測所」は、放射能汚染に不安を覚える方々に広くご利用していただくため、2011年12月以来、無料で放射能の計測をしております。その運営はNCC-JEDRO様をはじめとする多くの団体・個人のお力添えをいただき、世界中の小さな善意の積み重ねによって、支えられてきました。
 震災から2年もの時間が経ちました。その間、放射能の汚染は目に見えない形で進行しており、特に子供への深刻な影響が通常では考えられないレベルで現れてきているとも伝えられています。とりわけ私たちは、「内部被曝」の問題に向き合おうとしています。20時間ほどを要して子供の尿やお母さんの母乳を計測し、さらにその結果をケアの専門家がお伝えすることで、親子さんの不安を和らげようと努めています(これまでに106件の計測を行いました)。また、食品についても、計測限界値を3程度に抑えるために、毎回1時間の計測を行っています(これまでに872件の計測を行いました)。この食品計測は、行政が行う計測に対するクロスチェックの機能としても、喜ばれています。
 現在2013年2月13日に行われた県民健康管理調査の発表以来、不安は深刻化しています。私たちの活動は、ますます必要性を増しているものと思います。どうぞ私たちの活動をご理解いただき、是非ともご支援いただきますよう、お願い申し上げます。

  昨年9月に行われた東北ヘルプの全体会で配布され、食品放射能計測プロジェクト共同運営委員会が作成した資料です。     報告と展望.pdf


うちょ銀行(郵便振替) 
02290−8−136273
特定非営利活動法人 被災支援ネットワーク・東北ヘルプ
「計測所指定」と明記ください

他金融機関からの
振り込み用口座番号
ゆうちょ銀行 二二九(ニニキュウ)店(229) 
当座 0136273
名義 特定非営利活動法人 被災支援ネットワーク・東北ヘルプ

ペイパルをご使用いただきますとカード決済もできます。

¥1,000の募金をする

¥3,000を募金する

¥5,000を募金する

¥10,000を募金する

スクリーンショット 2013-02-27 15.44.57.pngをクリック後、支払い方法をお選びください。

クレジット.png

スクリーンショット 2013-02-27 15.42.34.png

LinkIconFood Salon